悩む医師

歯科医師が転職に失敗しないためには

歯科医師としての求人の選び方 歯科医師の数は現在需要に対してかなり過剰な状態となっており、求人情報からよりよい条件の職場を探すというのは決して楽な作業ではありません。 そのためこれから歯科医師として転職を考えるなら、他の

EDの症状と原因

医師 勃起力が低下する症状 ED(勃起不全)とは、男性特有にみられるデリケートな症状です。異性との性交において、十分な勃起ができず、維持し続けられる時間も短いという特徴があります。 また、ED治療に抵抗をもつ男性がたくさんいます。その理由に、「恥ずかしい」「女性の看護師と目を合わせたくない」などが挙げられます。生活するうえで特に支障がないため、治療よりも仕事や家庭を優先してしまう男性もいます。 ...続きを読む

切らない眼瞼下垂のメリット・デメリット

ぱっちりおめめ 切らない眼瞼下垂のメリット・デメリット 眼瞼下垂とは 年齢とともに気になってくるのがまぶたのたるみ。 まぶたが本来あるべき位置より垂れ下がってしまった状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。 眼瞼下垂を治療する手術としては、下垂したまぶたを切開する「切開法」と、まぶたを切らずに手術する「埋没式挙筋短縮術」という2つの方法があります。 切開法は多くの医療機関で導入・実施されてい...続きを読む

夏に増える冷房病

エアコン 冷房によって起る体調不良 暑くて毎日がつらいという夏場によくある悩みとして「冷房病」があります。 以前から女性など冷え症状が出やすい人にとって真夏の時期の冷房は体を余計に冷やしやすく、そのせいで体の不調を起こすということもよくありました。 現在ではクーラーの設定温度を高めにするなどガンガン冷やす冷房をする施設は少なくなってきましたが、それでも冷房のきいた部屋に一日いることにより起こってし...続きを読む

レーシック手術による健康被害

コンタクトレンズ レーシックブームが去ってからわかったこと 今から10年ほど前から日本ではレーシックブームが起こりました。 レーシックとは眼球に人為的に傷などをつけることにより、光の屈折を変えて裸眼視力を回復するという治療法です。 もともとレーシックという技術は1990年代頃にアメリカで開発されたものですが、これが日本でも導入されることで一大最先端医療として注目を受けました。 それまでずっとメガネがない...続きを読む

夜間頻尿が影響するもの

洋式トイレ 中年期以降によく起る夜間頻尿 中年期から高齢期にかけての時期に起る体質の変化の一つに夜間頻尿があります。 夜間頻尿とは夜中眠っているときに尿意を催し、何度もトイレに行くようになることです。 夜中にふとトイレに行きたくなるということ自体はそれほど珍しいことではなく、子供の時でもよく起こります。 問題はそうした夜間に目が覚めてトイレに行きたくなるということにより、十分に深い睡眠をとることが...続きを読む
1 2 3 7