獣医師の働き方

動物病院だけじゃない獣医師の勤務先

獣医師というとおそらくほとんどの人がイメージするのは町中にある動物病院で勤務をする「動物のお医者さん」ではないかと思われます。

実際獣医師資格を取得した人のうち、ほとんどの人はそうした動物病院での勤務を選んではいるのですが、勤務先となるのはそういった施設だけとは限りません。

獣医師となるためには事前に6年制の獣医学部のある大学を出なくてはならず、さらに難易度の高い国家資格に合格をしなければいけません。

長い実習期間で習得をするのは犬や猫のような愛玩動物ばかりでなく、牛や豚といった畜産動物や、海洋生物の一部、あるいは普段の生活ではめったに接する機会のないような珍しい爬虫類といったような動物たちへの治療方法です。

そのため獣医師としての勤務先には動物病院のほか、動物園や水族館といった珍しい動物を飼育する大型施設、あるいは大規模な畜産を行うファームといったところから選べます。

どこで働くかを考える

獣医師として公務員となることもできます。

これは海外から輸入されてくる動物の検疫を行ったり、近年何かと世間を騒がせる動物の伝染病に備えるための活動を行う仕事をするためです。

町中にある動物病院の場合などは名前のついた人間の家族のような小動物たちが主な相手となりますが、そうした検疫や食品衛生の仕事をする場合にはもっと規模の大きな疫学的な業務がメインとなります。

同じ獣医師の資格が必要とはいえ、この2つはかなり大きな違いがある業務であることから、獣医師として勤務をするときには将来的に自分はどういった方面で活躍をしていきたいかということをよく考えて選ぶ必要があると言えます。

NPO法人で動物を保護する仕事も

もう一つ獣医師の仕事として紹介しておきたいのが、NPO法人などとして動物愛護の仕事をしていくということです。

現在は空前のペットブームと言われていますが、実際には十分な飼育環境がないままペットを飼い始めたり、面倒になったから捨てるといったような無責任な飼い方をする飼い主もたくさん見られています。

獣医師としてNPO法人に勤務をすることで、そうしたペットたちの命を救うための活動をしたり、またはそのようにして手放されたペットを使ってのボランティア活動をしたりと新しいペットと地域との関わりを提案していくことができます。

獣医師の仕事としてはかなり異色な仕事ですが、動物を大切にしたいという強い意志がある人ならそうしたところにも協力をしていくことをすすめたいです。

  • tags

Related Posts