1. >
  2. >
  3. 薬剤師が転職に失敗しないためには

薬剤師が転職に失敗しないためには

錠剤

薬剤師としてのおすすめ転職方法

薬剤師は現在急激に資格者が増えたこともあり、職場となる場所もかなり幅広く選ぶことができるようになりました。

これまでは薬剤師の就職先というと病院の薬剤部や、調剤薬局勤務といったところが一般的でしたが、現在ではドラッグストアやMR、治験業界などといったところからも数多くの求人が出されるようになりました。

薬剤師としての勤務では、年収額は仕事の内容によってかなり異なることもよくあるため、より高い年収で勤務をしたいと考える人などは積極的に転職情報を集めているようでもあります。

転職のための方法はハローワークのような公的機関もありますが、実際にほとんどの人が利用しているのはネットで利用できる転職サービスサイトです。
特に地方の場合、地元では働き手が少ないので、全国から募集できる求人サービスを利用する傾向があります。
横浜のような地方政令都市は、給与が高い割に競争率が高くないため狙い目です。
例)横浜市の薬剤師求人@ファーマリンク
転職サービスサイトは現在医療関連資格専門のものが数多く登場してきており、多くの企業が競合することで使い勝手や情報の量なども相当充実してきていることがわかります。

もし現在薬剤師として転職を考えているなら、まずは信頼性の高い転職サービスに登録をして現状での求人情報を集めてみることをおすすめします。

薬剤師としてのこだわりを考える

薬剤師として転職を考えるなら、まず最初にするべきなのは将来的にどういった業界で勤務をしていきたいかということです。

薬剤師としての求人先はいくつかあるのですが、詳しく調べていくと施設によって提示される年収額がかなり異なっていることに気が付きます。

具体的には、病院などでは20~30代の薬剤師としての平均年収が300~400万円くらいなのに対し、ドラッグストアなどでは500万円近くになることも多いといった感じです。

一般的な傾向として医療関連施設よりも、店舗運営をしている求人の方が高い年収になっていることが多いようです。

しかし年収だけをみて転職をしてしまうと、実際に業務を開始してから自分の思うような働き方ができずに悩むということもよくあります。

具体的にはドラッグストアなどお店へ勤務をした場合、その業務のメインとなるのは店内の品出しやレジ打ちといった業務が多くなり、高度な医薬品を取り扱うという機会は決して多くありません。

一方で総合病院の薬剤部などでは国内でも初となるような最先端医療を薬学でサポートするような貴重な臨床経験に立ち会うことができるなど、薬学そのものに強い興味ややりがいがある人にとっては給与以上の経験があります。

もちろん年収の高さを追求する転職も立派な動機なので良し悪しはありませんが、そうした業務内容にも注意して転職先は選びたいところです。

薬剤師としての転職を成功させるために

薬剤師としての求人は決して少なくはないのですが、数年前の法律改正により薬剤師資格者が急増をしたためよい求人を探すとなると競争率は相当高いと思った方がよいでしょう。

よい求人情報を見かけた時には急いで応募するスピード感が大切になりますが、焦るばかりでは上手に転職を成功させることはできません。

転職サービスサイトなどでは、初めて転職活動をする人のために就職書類の作成方法や面接でのコツをアドバイスしてくれていたりします。

焦らずに確実に転職を成功させるためにも、まずはプロのエージェントに相談してどういった勤務先にどんな特徴があるかなどを調べていくようにしましょう。