医療事務・派遣としての働き方

未経験でも大丈夫な派遣社員

医療事務の仕事に就くためには、まずは医療事務として必要になる専門の知識を学習しておく必要があります。

これは医療関連施設では必ず診療報酬の請求をしないといけないためであり、そのための専用書類であるレセプトを記載していくことこそが医療事務としての最大の業務になってきます。

もっとも医療事務という仕事そのものは必ず資格がなければ就職ができないというものではないため事前に資格試験を受けることは必須ではないのですが、実際に就職するときにはゼロからスタートするのはかなり厳しいため派遣登録会社などでも事前に資格の取得を登録の条件にしていることがよくあります。

しかし仮に資格に合格をしたとしても、それがすぐに実務に役立つというわけでもないのが現実です。

知識をどう実務に生かしていくかということはやはり経験がものを言ってくるため、資格を取得したばかりの医療事務希望者が最初から正社員として採用されるのは相当珍しいケースとなります。

そこでおすすめをしたいのが未経験からでもサポートのある派遣社員としての働き方で、そこから正社員などへのキャリアアップをしていくことができます。

派遣会社でのトレーニングでスキルアップ

派遣会社では登録を希望する人それぞれのスキルによって時給額が決定されるようになっています。

ですが仮に最初は未経験で安い時給設定の人でも、派遣会社の行う研修や教育制度を受けることで短期間で実務スキルを上げ、即戦力として勤務ができる実力を身につけることが十分に可能です。

派遣会社にもよりますが、手厚いところになるときちんとサポート役となる教育担当者がつき、実際に派遣される前までに必要な学習をさせてもらえたりするので、いきなり現場に出てもそれほど戸惑うことはありません。

また病院施設などと太いパイプのある企業などでは、将来的に正社員となることを前提とした派遣も多く取り扱っているため、最初に自分の雇用に関する希望を伝えておくことによりよりよい将来のプランを提案してもらうことも可能です。

  • tags

Related Posts