医療事務・パートとしての働き方

子育て中の時短業務に便利な医療事務

医療事務の仕事は女性に大変人気のある仕事ですが、その理由の一つとなっているのが資格を生かした時短業務がし易いということです。

医療事務として新卒の時期から就業してきたような人などは、結婚や出産により一時的にキャリアが中断しても以前のキャリアをそのまま生かして子育て中の短い時間だけの勤務を行うことが可能になります。

子供が幼稚園・保育園にいる時期や小学生の低学年くらいのときというのはどうしても帰宅時間が4時前後と早い時間が望ましく、フルタイムで勤務をするのが難しくなります。

そんなときあらかじめ時間をきっちりと区切って勤務ができるパートやアルバイトとして勤務することで、自分の生活ペースに合わせた働きかたができるというわけです。

一般的な診療所施設などは午後の来院時間も4時以前に終了するようになっているのがほとんどなので、時間に合わせて働く環境も比較的作りやすいという特徴もあります。

子育期間中が終わったらフルタイムで

医療事務の仕事のもう一つ便利な点は、子育期間中はパートなどの時短業務に就いていても、子育後から正社員などとしてフルタイム業務に以降しやすいということです。

医療事務の仕事の求人はいくつかの種類があり、勤務をしなければいけない時間帯も選ぶことができます。

パートとして勤務をしている施設で正社員を募集しているなら最も便利ですが、そうでない場合には大きな病院や調剤薬局などでの医療事務職に募集しなおすことにより、新たなキャリアをスタートさせることができます。

もし結婚以前より医療事務の仕事に就いていたという人ならば、できれば産休・育休の終了後には時短であっても勤務を続けていくことをおすすめします。

ブランクが長い場合よりも、仮に時短であっても長く勤務をしてきた人の方がのちにフルタイムでの勤務を希望したときに採用されやすくなるためです。

  • tags

Related Posts