急増する加齢黄斑変性

加齢によって起る代表的な目の病気

人は加齢とともに体の部分に何らかの不調を感じるようになってしまうものですが、その中でも特に深刻なのが目に関する病気です。
人は外部からの情報のうち8割以上を視力によって受けていると言われており、体の他の部分と比較してもその重要度は飛び抜けています。

しかし残念なことにそんな目は加齢によって大きな影響を受ける部分でもあり、中年期以降から高齢者世代になる頃に重大な病気を発症してしまうという人も多くいます。

代表的な病気としては白内障や緑内障といったものがありますが、もう一つここ近年急増している病気に「加齢黄斑変性症」があります。
加齢黄斑変性症はもともとは欧米での成人の失明原因の第一位という病気として知られてきたものですが、最近では日本でも患者数が増えておりそれにより失明する人も増加しています。

現段階でも50歳以上の人の約1%がこの加齢黄斑変性症にかかっているというデータもあるくらいなので、これから中年期後半に入る人は特に注意をして自覚症状がないかの確認をしていく必要があります。

加齢黄斑変性症とはどういう病気か

加齢黄斑変性症とは簡単に説明すると、人の眼球内に「黄斑」という汚れのようなものができてしまうことによりこれが本来視神経に伝わるはずだった情報の一部を隠してしまう病気です。
人の眼球はまず角膜と水晶体を通して外部の光を受け取りますが、これを脳に情報として伝えるためには内部の網膜を通過し視神経につながっていきます。

加齢黄斑変性症ではこの網膜の部分に丸い汚れのようなものができてしまうので、本来目に見えているはずの景色の一部がぼやけたりして視界が狭くなってしまいます。
症状が進行してくると黄斑が大きくなっていくことからますます見える範囲が狭くなり、正常にものを見るということができなくなってしまいます。

加齢黄斑変性症の初期症状として「ゆがみ」や「汚れ」「色覚異常」といったものがあります。
最近ちょっと景色が見えにくくなってきたなと思ったり、時々地面や景色が歪んだレンズをかけたように感じることがあったらこの病気の疑いがあるのでできるだけ早めに眼下を受診するようにしましょう。

  • tags

Related Posts