MRが転職に失敗しないためには

未経験からMRを目指す人も多い

MRという仕事は大変流動性が高い仕事です。

というのも他の仕事では普通新卒として就職をした仕事からキャリアアップとして他の企業に移る人が多いのに対し、MRの場合には全く未経験の人が希望をして参入をしてくるというケースが大変多いのです。

もちろん既にMRとして活躍をされてきた人が別の活躍の場所を求めて転職をすることも多く、一度覚えた業界のノウハウをもとに他の製薬会社に勤務をしていくことも比較的簡単にできます。

そんな玉石混淆な状況におかれているMR業界ですが、新規参入にしても中途での転職にしても、転職をするときには事前にきちんと確認しておかないと失敗をしてしまうことがよくあります。

MRの技術は製薬会社を変えても汎用性を持って使うことができるものですが、雇う側の製薬会社では人材の取扱が異なっていたり、給与の付き方に違いがあったりするためです。

転職をする前には給与額だけでなく、雇用形態や条件についても詳しく調べ、十分に精査をしてから行動に移すことをおすすめします。

他社からのヘッドハンティングもよくあります

MR業界でよくある転職方法の一つにヘッドハンティングがあります。

製薬会社は一人でも優秀なMRを確保したいところなので、派遣会社や他の製薬会社に勤務するMRの中で特に優秀な人に積極的に声をかけては転職を促してきます。

ヘッドハンティングを受けるとなると本人にとっては大変喜ばしく、高い給与額を提示されることによりすぐにでも移籍をしたくなるところですが、その場合も十分に考えてから行動する必要があります。

MR業界でヘッドハンティングが多いのは、大きな病院などではひとつの診療科を訪れるMRの数が多く、院内で他の企業の営業マンと出くわすこともよくあるということが関係しています。

少し悪い言い方になりますが、同じ病院担当のMRで特に優秀な人が競合しているなら、いっそ自社に引き抜いてしまった方が仕事がやりやすくなるなんていう思惑が働いていることがよくあるのです。

そうした邪魔者排除という考えでのヘッドハンティングの場合には、場合によっては以前の会社ほどのびのびと営業ができる環境になかったり、営業がしづらいエリアをあえて担当させられたりということもあります。

いきなり高い給与水準を提示されても焦って飛びつくのではなく、なぜ自分をハンティングしようと思ったのかといったところまで考えて利口に立ちまわっていかなくてはいけません。

研修制度の充実度にも注目

MRの仕事を続けていくときには、新しい薬の情報についての学習は欠かせません。

大手の製薬会社などでは一人前のMRを早く輩出するために、積極的に研修会を開いたり資格の取得を推奨したりしてスタッフの質をはかる努力をしています。

転職をする場合にはそうしたスタッフ教育がきちんと組織として行われているかということも注目したいポイントになります。

あまりにも個人任せの体勢をとっている企業では、適切な薬学の知識を得ることができず将来的に情報にうといMRになってしまう可能性が高いのです。

  • tags

Related Posts